2007年08月07日

療法食

コアとビーの血便発覚から今日で1週間。
最初に購入した療法食はビーもコアも食べませんでしたがく〜(落胆した顔)
DSCF1917.jpg
全く食べない事は無いんですが、今までのフードと混ぜてやっと
食べてくれる感じです。
ビーなんて療法食は口に入ってないだろうexclamation&questionみたいなあせあせ(飛び散る汗)
それじゃぁ意味無いですよねー(長音記号1)
現に下痢は続いていましたたらーっ(汗)なので、
先週の土曜日に他の療法食2種類のサンプルを頂きましたるんるん
DSCF1919.jpg
こちら、左がシシャモ。右はアヒルの肉。
ビーとコアは、左側のシシャモが気に入ったらしいです手(チョキ)
好みが同じで良かったグッド(上向き矢印)
最初の療法食は過去のカルテ(アルとビー)から
嗜好が良かったものを選んだのに、
ニャンも嗜好が変わるんですかねー(長音記号1)あせあせ(飛び散る汗)
でも、お陰でウンが形になって来ました。

今日は、コアとビーを連れて病院へ
ウンが採取出来なかったので、
直接お尻へブスッとやられてしまいました顔(え〜ん)
かなり嫌がっていたビーとコアでしたが、入れちゃえば何て事無く
意外に大人しいのねー(長音記号1)と先生と笑っちゃいましたわーい(嬉しい顔)
ビーは細菌も無く良好との事。では血便は何ででしょう??
コアはらせん菌と言うものが若干多いけど、
これで、血便を引き起こすのはちょっと考え難いとの事・・・
では、コアの血便も何なんでしょう???
このらせん菌、抗生物質を投与すれば居なくなるらしいのですが、
先に書いた様に、らせん菌が原因での血便では無い事と
らせん菌も子猫に多く見られる事から、
コアは子猫から成猫へと成長段階なので、
これは一過性のものと見て、他の原因を見つける為にも
暫く療法食と整腸剤で様子見が続く事になりました。
ビーも継続的じゃないので、様子見です。
ウンの様子がおかしくなった時点で、
便検査→本ニャンの検査になると思います。

さて、一人お留守番だったアルですが一緒に行きたかったのかな?
帰宅するなりキャリーバックに入っておられました(笑)

ア) 今度は僕が行ってくるよるんるん
DSCF1926.jpg

コ) アル君、病院だったんだよ〜

ア) お母さん早くぅ
DSCF1930.jpg

お母さんは疲れましたあせあせ(飛び散る汗)

何時まで経っても動かないお母さんに諦めたのか
今度は甘えん坊さんに変身顔(汗) ずっと抱っこです
アル君、お兄ちゃんなのに恥ずかしい顔(笑)
ア) いいんだもん揺れるハート
DSCF1994.jpg

まぁね、アルの甘えん坊は何時もの事だし甘えてる間に
ビーはまた病院に行きたくなったっちゃったみたいだし(笑)
DSCF1937.jpg

コアはTVスマスマに夢中だし(笑)
DSCF1985.jpg

真剣目
DSCF1988.jpg

アル黒ハートだ〜れも見てないから、いっぱい甘えていいよわーい(嬉しい顔)



  甘えん坊のアルと、お尻にブスッとされたビー&コアに
   ポチッ猫(足)ポチッ猫(足)とお願いしますわーい(嬉しい顔)
   とても励みになっていますぴかぴか(新しい)
   ランキング.gif にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ
        いつもありがとう揺れるハート

ニックネーム ちぇび at 01:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アセラAdClick